歯ぎしりや食いしばりをしていませんか?

日常生活の中で、歯ぎしりや食いしばりをしていないか自分で注意してみてください。
歯ぎしりや食いしばりは歯や顎関節、顎を動かす筋肉に大きな負担をかけます。

歯ぎしりや食いしばりを続けていると、歯がしみたり、ひび割れが進んで、ときには歯が割れてしまうことがあります。
またお口の周りの筋肉に悪影響を及ぼし顎のだるさや偏頭痛の原因にもなったりします。
また異常な噛む力は歯周病を悪化させる原因にもなります。

日常生活の中で、歯ぎしりや食いしばりをやめることは中々困難なことです。しかし放置していると様々な悪影響が生じてくることも事実です。
当医院ではこの様な患者様のためにマウスピース治療を行っています。お気軽にご相談ください。

tuzi.jpg